CSRへの取り組み

事業を通じて、総合生活企業の実現に向けたCSR活動を推進していきます

総合生活企業の実現へ

新プラントの開設・・・相模開発(製品事業部)

新プラントの開設

 平成21年9月に120周年の新しい取組みの一環として工場の建替工事が完了しました。道路舗装の材料である再生アスファルト合材製造においては無臭・無煙化に、また加熱燃料を重油から都市ガスへの変更により温室効果ガスの大幅削減(前年比25%削減)を行いました。産業廃棄物処理工場は集塵装置を改造し、がれき廃棄物から高品位な再生砕石を作り出す、循環型社会に当てはまるリサイクル事業により力を注いでいます。


次世代の土地活用・・・亀井工業(土地活用事業部)

次世代の土地活用

 建築・土木で培ってきたこれまでの実績と経験を活かし、企画提案からアフター・メンテナンスに至るまでトータル的なサービスで皆さまの様々な土地活用のご相談に答えられる体制をご用意しています。高度な情報力・企画提案力・技術力、そして、社員それぞれがお客様のご要望に真摯に向かい、果敢に挑戦していく総合力。これから先の未来へ向かって、お客様と共に楽しみながら湘南・茅ヶ崎の街の夢をカタチにしてまいります


環境・省エネへの取り組み・・・亀井工業(土木工事部)・亀井工業ホールディングス(事業開発部)

環境・省エネへの取り組み

 東京湾に面する神奈川県は水質汚濁防止法などに基づき「水質総量規制」を制定し、COD・窒素・りん等の改善を進めています。同様に湘南の海も、工業排水にとどまらずクーリングタワーの有機リン酸化合物問題が深刻化しています。下水道を通じて最終処理場で処理される水処理剤の量も甚大で、私たちは将来へ向けて湘南の海を守るためその負荷軽減に取り組んでいます。また、リサイクルエネルギーとして潜熱回収型ボイラーや下水道流量計などの最先端機器の導入を通じて企業向けの省エネ提案も行っていきます。


水処理事業への取り組み・・・亀井工業ホールディングス(水処理事業部)

水処理事業への取り組み

 「日帰り温泉」湯快爽快は、現在関東に7店舗を展開しています。私たちはこの実績をもとに、温浴運営に関する多くのノウハウを培ってきました。特に水質の衛生管理は私たち温浴施設の根本と考え、お客様がいつでもどこでも安心してご利用ができるよう、新薬品の共同開発を含め水処理事業のノウハウを他の多くの温浴施設に提供を勧め、温浴業界そのもののレベルアップに寄与できるよう努めています。



『エコ村』の実現へ向けて・・・亀井工業ホールディングスグループ

エコ村の実現へ向けて

 「人々が生き生きと暮らし、自然が再生されるコミュニティ。未来へ向けた持続可能なライフスタイル」。そのひとつの形として「エコ村」は、2000年に“NPO法人エコ村ネットワーキング” によって提唱されました。滋賀県近江八幡市では、産官学連携の“小舟木エコ村プロジェクト”として、すでに“まちびらき”がおこなわれ、自然と共存する住民主体の暮らしが始まっています。亀井工業ホールディングスグループは、この「エコ村」の理念に賛同し、現在その事業法人である株式会社地球の芽と構想を進め、素晴らしい湘南の風土を未来へつなげ子供たちに残せるよう、この湘南の地で「エコ村」の実現を目指して参ります。