大規模修繕

安心・安全な大規模修繕・改装・リニューアル

新設建物で培った技術と信頼を活かし、お客さまがお持ちの建物についても耐久性向上や資産価値維持を手助けする
『建物のよきパートナー』でありたいと考えております。

工事実施までの流れ(例:集合住宅)

大規模修繕フロー

工事中の安全は私達が確実に守ります

土地活用プラン

①工事は、まず仮設資材(仮設現場事務所・足場資材等)が搬入されますが、動線調査で明らかなように朝夕の人・車の流れの多い時間帯は避け、皆様の通行に支障の少ない時間帯に、安全監視員の誘導で積み下ろしをいたします。

②工事と日常生活という相容れないものを同時進行するためには、第一に作業区画と安全通路を明確にし、表示します。特に足場仮設作業時の飛来・落下物による事故を未然に防止するため、お住まいの皆様、訪問者、第三者の安全通路を確保します。

③作業区画と安全通路が確保されましたら、安全監視員が皆様を安全経路で誘導いたします。皆様がエントランス等で作業区画を通過される場合は作業を中断させますので安全監視員に御申しつけください。作業時間中は敷地と車道への出入り口に安全監視員を必要に応じ常時配置し、歩行安全を確保します。

④ニュートンの『万有引力の法則』の通り、物は上から下に落下します。万一の重大事故を防止するため、皆様が通行されるエントランス・出入り口には落下物を止める、朝顔養生・水平養生(落下物防護)をいたします。

⑤仮設足場の中は、即工事現場です。子供たちにとっては珍しい 『遊び場』に思えるかもしれませんが、工事関係者以外『立入り禁止』ですので、足場の一段目には侵入防止用の養生をいたします。

⑥本工事で来所する工事車両は『車両カード』で明確にいたします。構内は歩行者優先のため、徐行運転を原則とします。アイドリングストップを励行します。

お住まいの皆様へ『工事のお知らせ』広報を致します

工事のお知らせ広報

お住まいの皆様の『生活環境』に配慮いたします

大規模修繕工事では、お住まいの皆様に、ご迷惑をお掛けする臭気・騒音・振動等、及び使用・管理・処理に厳守すべき生活環境及び、エネルギーと資源を大量に使った塗材等の問題があります。当社では,お住まいの皆様の生活環境及び、地球環境を害さない工事を提供致します。

生活環境への配慮

万一のトラブルにも対応させていただきます

トラブルフロー

大規模修繕・改装・リニューアル施工例

◆某店舗併用共同住宅
 
構   造  : 鉄筋コンクリート造
規   模  : 地上4階
工事内容  :  大規模修繕工事
工   期  :  2か月

※築16年の店舗併設共同住宅。全面的に汚れが確認され、ひび割れや爆裂、錆等を修繕しました。早めの修繕は躯体の耐用年数を維持することができます。

 外壁の劣化  各所シーリングの劣化  鉄部塗装面の劣化  屋上の劣化
大規模修繕 大規模修繕 大規模修繕


◆某スポーツ施設
 
構   造  : クラブハウス部RC造 テニスコート部S造
規   模  : 地下1階 地上2階
工事内容  :  大規模修繕工事
工   期  :  3か月

※湘南茅ヶ崎にあるとても雰囲気の良いスポーツ施設です。築20年を経過し汚れや劣化が出ていましたが、新築のような美しさを取り戻しました。

 外壁の劣化  各所シーリングの劣化  各所鉄部の錆  屋根の劣化
大規模修繕 大規模修繕 大規模修繕
大規模修繕