SDGsへの取り組み

「ローカルファースト」の概念が地域社会の活性化をはじめ様々な問題解決への糸口となり、SDGsにも通じます。


建設現場において、CO2削減と騒音、振動、粉じん公害を防止し、働く人のみならず地域に住む人々の健康に配慮しています。


建設現場において汚濁の発生を徹底的に防止し、水質環境における安心・安全に努めています。


エネルギーを効率良く共有することや、燃料効率をより良いものへ見直すなどによるCO2削減に努めています。


様々なイベントなどを通じ積極的に行われている地域社会との交流や「ローカルファースト」活動による地元経済の循環など、職務への充実感を増す取り組みを盛んに行っています。


「ローカルファースト」の概念に基づき、地域企業を主として取引し、資材調達から竣工に至るまで地元経済の循環に積極的に取り組んでいます。


地域資材の活用や再生資源活用促進により、環境への配慮や産業廃棄物の削減を徹底して行っています。


資材調達や運搬時またオフィス環境の見直しによるCO2削減、また防災対策として豪雨・雪害対策などを行っています。


環境保全への取り組みや水質改善事業などを通じて、また護岸工事ほかインフラ整備への関わりを通じて、森林や海など自然環境保護に携わっています。


地域企業のみならず、行政や各種学校ほか様々な地域社会の集まりと積極的な連携を行うことで、「ローカルファースト」の概念に基づく地域社会・経済の発展に取り組んでいます。